自己紹介

【5分で読める自己紹介】

 

ブログに足を運んで頂きありがとうございます。
名前は雷電(らいでん)と申します。

 

自己紹介を簡単にすると、

 

 

朝から満員電車に乗って通勤するどこにでもいるサラリーマンです。

 

 

年齢は、老化を感じ始めてアンチエイジングを意識し始めたアラサーです。

 

 

生まれも育ちも田舎でのんびり育ちました。

 

 

旧友からは、マイペース過ぎる男だな、とよく言われたりします。笑

 

 

好奇心旺盛で「海外留学」や「バックパッカー」等、興味があるものは、挑戦してきました。

 

 

そんな私ですが、実は、「ナンパは非日常の旅」というブログの管理人をやっております。

 

 

ブログ自体は2016年から自分の備忘録として書き始めました。

 

 

そんなブログに訪問してくださりありがとうございます。

 

 

このページでは、簡単に下記を紹介できればと思います。

 

・このブログを読んで欲しい人

 

・ブログ管理人の「雷電」はどんな人?

 

・ナンパを通してどうなりたいのか?

 

 

「このブログを読んで欲しい人」

このブログを読んで欲しい人は、下記に記載した人です。

 

・実際のナンパに興味があり情報が欲しい人。

・人生に退屈していて何か楽しいことを探している人。

・具体的なトーク事例やルーティーンを学びたい人。

・ナンパのモチベが下がり気味でモチベ上げたい人。

・一人のナンパ師の成長と挫折、苦悩の歴史を見たい人。

 

自分が感じ事をかなり具体的に書いているので、少しはお役に立てるかと思います。

ナンパの夢だけ見たい人は、ちょっと合わないかもしれないのでご了承願います。

特に総括記事は、多くの方に共感してもらったので一読の価値はあると思います。

 

「ブログ管理人の「雷電」はどんな人?」

 

2016年10月からネットナンパを始めました。

 

 

ネットナンパを始めた一番の動機は「最近、俺の人生すげぇ退屈かも?」が理由です。

 

 

ただ目的もなく繰り返すだけの日常。

 

 

ストレスも少ないが、刺激も少ない日々。

 

 

このままでいいのだろうか?と考える機会が増える。

 

 

不満も無いが、満足感も無い日常に正直飽きていました。

 

 

その時にネットで検索したら、ナンパという言葉に出会いました。

 

 

はじめは、「ありえない」「こんなの嘘だ」と信じられませんでしたが、生まれつき好奇心だけは強かったので、試しにやってみようと思いました。

 

 

結果は2カ月で10人の女性を抱き、セフレも数人できました。

 

 

そして、次はストリートナンパと呼ばれる、路上で声をかけるナンパに挑戦しました。

 

 

スト師に転向した3か月後に無事※即を経験して、ナンパの醍醐味を味わいました。
※即とは、声をかけた女の子と当日にエッチすること。

 

 

あの時の衝撃は今でも覚えています。

 

 

声をかけて数時間後に女の子が喘いでいる姿を見る興奮は文字では伝わりません。

 

 

女遊びの経験がまったく無かった自分。

 

 


情報教材やブログ、ツイートの情報を参考にして、少しずつ努力を続けてきました。

 

 

 

他のナンパ師と同じくらい、壁にぶち当たり、悩み、病みました。

 

 

 

答えが分からない問いを必死に考え、試行錯誤してきました。

 

 

 

ツイッターでは、ナンパや私生活を通して感じた事を積極的に発信し続けました。

 

 

 

無料(FC2)ブログも1年以上コツコツと書いてきました。

 

 


たまに読み返すと自分のマインドの変化や成長を感じる事ができます。

 

 

 

夢中になって活動をしていたら、気づいたら一年以上の月日が経っていました。

 

 

 


ナンパ界隈は3ヵ月で8割以上が辞めていきます。

 

 

 

そう思うと自分のキャリアは、長いほうだと思います。

 

 

 

ナンパが少し出来ると、「女とセックスするのは難しくない」と気づきます。

 

 

 

10日間で7人の新規女性とセックスした時は、町に出ればエッチ出来ると本気で思っていました。

 

 

 

その月に、合計10GETを達成することが出来ました。

 

 


声掛け数から即(当日にエッチ)を計算したら、1即/25人でした。

 

 

 

つまり、25人に声をかけたら、1人はその日にエッチさせてくれるという事実になります。

 

 


この数字は自分の自信に繋がりましたし、ナンパはやはり凄いと再確認しました。

 

 

「ナンパを通してどうなりたいのか?」

 

 

次のマインドは「ナンパを通して自分を更に成長させたい。」

 

 

 

この気持ちが最近は強いです。

 

 

 

もちろん女の子は大好きなので、エッチする為にナンパはします。

 

 

でも、それ以上の何かをナンパに期待している自分がいます。

 

 

 

だから、ナンパというフィールドを軸にたくさんの事を学びたいのが本音です。

 

 


今回ブログを移転したのは、「Web知識を身に着ける」とうのが主な理由です。

 

 

 

ナンパを「声をかけてエッチする為だけのツール」にしておくのは、勿体ないです。

 

 


このブログを媒体にナンパの可能性を追求していきたいと思います。

 

 

 

ブログのタイトルを「ナンパは非日常の旅」にしています。

 

 

旅は人をワクワクさせてくれます。

 

 

 

私はもっとワクワクしたいです。

 

 


ナンパを媒体にもっとワクワクする人生にしていくのが理想です。

 

 

 

それは、エロいことでも、感動することでも、ハッチャケたことでも、ビジネス的なことでも、何でも良いです。

 

 

 

自らを成長させ、ワクワクというスパイスを人生に加えてくれる「存在」を探していきたいと思います。

 

 

 

以上、宜しくお願いします。

 

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。