テクニシャンの美魔女をゲットした話

どうも雷電です。

 


アポの内容を書いていきたいと思います。

 


当案件は、PCMAXで見つけた案件です。

 


プロフに写真なしの案件で、爆撃メール作戦でコピペを大量に送った時に返信がありました。

 


非常にメール内容も丁寧で食いつきもあったため、早々にカカオに移行しました。

 

 


自分のプロフや経歴に食いつきがあり、相手から会って話したいですと逆打診もありました。

 


しかし、あまりやる気がありませんでした。

 


やる気がない理由は相手の年齢が30代中盤で、カカオのプロフ写メがあまり可愛くなかったからです。

 


雷電「あーメンドクサイな。でも逆打診も来てるから、3週間後のアポにしよう」

 


セオリーだったらアポは1週間以内でラインメンテもしっかりしないといけないのですが、雷電は放置でした。

 

 

だって、、タイプじゃないから。

 


時間が過ぎるのはあっという間でアポの1週間前に相手からラインメンテが来ました。

 

 


美魔女「お久しぶりです。今週の飲みは楽しみにしてます」

 

 


アポどうしようかなと思いました。

 

 

 

都内でのアポだったため電車賃もかかります。

 

 


まぁ、何事も経験だと思ってアポに向かいました。

 

 


そして、待ち合わせの時間になって相手からラインが届きました。

 

 


美魔女「着いたよ」

 

 


ライン電話で服装を確認して美魔女と対面しました。

 

 


そこにいたのは、

 

 

 

 

 

 

 

雷電のめっちゃタイプのお姉さまがいました。

 

 

 


スト値6で20代だったら確実にスト値7か8はある案件でした。

 


雷電のテンションは超上がりました。

 


てか、カカオの写真移り悪すぎだろと思いました。逆盛り写メです。

 


(あとで本人に聞いたらみんなに言われると言っていました。)

 

 

テンションマックスに上がった雷電は絶対に即を決めてやると心に決めました。

 


美魔女と一緒に飲み屋に移動。場所は美魔女が予約したお店で個室。

 


さぁ、ゲームの始まりだ。

 


最初は、当たり障りのない会話で情報収集。

 


20分位話したら、恋愛の話に移行。

 


恋愛歴や貞操観念を確認するルーティーンを使いました。

 

 


「貞操観念」
ナンパされたことはあるのか? → ある

 


その相手とは? → そのあとご飯食べて仲良くなった

 


雷電は心の中でガッツポーズしました。

 

 

絶対その相手とセックスしたと思いました。

 


クラブは行ったりしていた? → 昔は行ったりしていた

 


話した限り貞操観念は低めだと判断。

 

下手うちをしなければ、即はできると確信した。(確信するが負けも多い。笑)

 


海外にずっといたみたいで、日本には最近帰ってきたらしく婚活パーティーや街婚にも参加したらしい。

 


出会いに積極的で、貞操観念は低め、そしてスト値は高め。

 


雷電は、持っているルーティーンをすべて使ってゲットしてやろうと決めた。

 


まじめ、恋愛トーク、そして最後にエロトークで仕上げる。

 


海外経験がある人にいつも聞いている質問を使った。

 


「ぶっちゃけ外国人とのセックスってどうなの?」(雷電も外国人経験あります。)

 


聞く時は、エロい雰囲気ではなく、興味があるって感じで聞いています。

 


相手がノッテきたらセックスの話を中心に仕上げる。

 


エロトークをがっつりした後、居酒屋を退店。

 


その時に少し酔っている雰囲気を出して相手に軽く触れる。

 


雷電は肩や二の腕を触ったりしています。美魔女からは抵抗なし。

 


そして、2軒目はカラオケ打診。すんなり通ってカラオケ in。

 


何曲か歌ってギラつき開始。肩を触って引き寄せる。

 


少し抵抗があったのでハグ好きをアピール。

 


ハグをして。ほっぺに軽くキスをする。恥ずかしがっている美魔女を跨らせる。

 


最後はDキスをする。

 


相手が仕上がったのでカラオケ退店。

 


カラオケ退店後は、レンタルルームに行ったことないから行きたいと打診。

 


論点をエッチではなく、レンタルルームに行ったことがないから興味があるということにすり替える。

 


そして、レンタルルーム inしてノーグダ即。

 


相手のセックステクニックの高さに腰をぬかしてしまいました。

 


口技や騎乗位なんてプロレベルでした。

 

 

聞けませんでしたが、絶対風俗で働いたことあると思いました。
結局3回戦もしました。

 


セク後に話をすると、今日はそんなつもりではなかった。酔いすぎちゃったと話をしていた。

 


どうせウソなんだと思うけど。

 


最後にネトナンの楽しさは、期待していない案件のスト値が高くて良い子に当たった時。

 


宝くじに当たったような最高な気分になれることです。

 


ギャンブルが好きな人は是非やってみてください。

 


当然逆もしかりです。

 


可愛いと思っていた子がブサイクで太めだった時は、本当にがっかりします。

 


雷電は一度だけありました。

 


逃げろと思いましたが、諦めて会いました。

 


あの時は、本当に早く帰りたかったです。

 

以上、閲覧ありがとうございました。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です