合流相手がスカウトマン?だった

どうも雷電です。

 

 


最近は寒くなってきましたね。

 

 


この時期に積極的にストリートでナンパしているナンパ師を本当に尊敬しています。

 

 


雷電は、寒さに弱いのでなかなかナンパ出来ていません。(誰かケツを叩いてくれー)

 

 


こんな雷電ですが、最近千葉で活動しているナンパ師と新規合流しました。

 

 


今回は、新規合流のことをブログで書いていきたいと思います。

 

 

始まり、始まり。

 

 


//某日//

 

 


今日は、千葉のナンパ師と新規合流の日。

 

 


※新規合流とは、ブログやツイッターで他のナンパ師に連絡して直接会ったりすること。

 

 


合流する人はどんな人なんだろう?

 

 


ネトナンのアポ相手に会うよりも、新規合流のほうが緊張する。

 

 


変な奴だったらどうしよう(雷電は変な奴です 笑)

 

 

 


合流相手はナンパ歴2年以上で、夜系(キャバ嬢など)メインでゲットしているらしい。

 

 


夜系めっちゃゲットしたい。

 

 


実は、夜系はあまりゲットや番ゲ出来ていない。

 

 


ほとんどが大学生やOL、清楚系が多い気がする。

 

 


(実は、夜系が怖くて声掛け数が少ないのも原因ですが)

 

 


合流する彼に媚びまくってゲットのノウハウなどを教えてもらおう。

 

 


(年上のプライドなんて微塵もありません。)

 

 


//合流場所//

 

 


雷「着いたよ」

 

 


くろの「時計の下にいますね」

 

 


雷「了解です!!」

 

 


合流場所に向かうが、怖そうなキャッチが一人だけしかいない。

 

 


え、まさかドタキャンか?

 

 


でもラインで着いたって言っているんだよな。

 

 


もしかして、あのキャッチのお兄さんが合流相手?

 

 

雷電、恐る恐る声を掛けてみる。

 

 

すると、

 

 


くろの「くろのです。宜しくお願いします」

 

 

新規合流の相手だった。

 

 

雷電も新規合流で何人か会ってきたけど、

 

 

ほとんどの人が「普通の人」だった。

 

 

ナンパ師って金髪のチャラチャラしているギャル男みたいなのをイメージするが、

 

 

実際は普通の人が多い気がする。

 

 

ただ、今回合流したくろの君は、

 

 

「完全にキャッチかスカウトにしか見えない」

 

 

今回は昼ストだったが、

 

 

こんなに昼に溶け込めないナンパ師はいないんじゃないかな。笑

 

 

「The キャッチ」って感じで、
10人みたら10人がキャッチって言うレベル。笑

 

 

でも話してみると普通に好青年だったからビックリ。
(そのギャップで何人即ったんだ!コノヤロー)

 

 

とりあえず、昼ストしながら情報交換し合った。

 

 

//くろの君のナンパ観察中//

 

 

はい、完全にキャッチかスカウトが活動しているようにしか見えないですね。笑

 

 

本人も「自分、女子大生とかまったく刺さらないんですよ」と言っていた。

 

 

(女子大生とかはビックリしちゃうのかな?)

 

 

ただ、関西出身らしく関西弁で話すとキャッチやスカウトの誤解は解けるケースが多いみたい。

 

 

(関西弁って無敵ツールだよな)

 

 

ナンパ師にもいろんなタイプがいるけど、くろの君の場合は、 清楚系には刺さりづらいが、夜系やギャルには刺さりそう。

 

 


そして、連れ出しからのクロージングは成功率高そうな気がした。

 

 


昼ストから話が逸れるが、最近マーケティング関連の本を読んだ。

 

 


なので、マーケティングの観点からナンパ市場を考えてみました。笑

 

 


基本前提として「即出来るかどうかは、女が決め

こと。」

 

 


顧客(女)が製品(ナンパ師)を選ぶわけである。

 

 



自分達は、顧客に製品を選んでもらえるように売り込み回数を増やしたり(声掛け数の増加)、製品の価値を上げたりする(セルフ・ブランディングの向上)。

 

 


しかし、最後に選ぶのは顧客である。

 

 


顧客のニーズに合っていなければどんなに良質な製品でも選んでもらえない。

 

 


しかし、相手のニーズが本当に分からないからナンパって難しいなと感じる。

 

 


それと、相手のニーズが分かってもそれを自分都合で満たせなかったりするケースもある。

 

 


最近は、自分が刺さりやすい顧客を中心に狙う戦略を適用しながら、刺さる層を増やすセルフ・ブランディングや雰囲気作りを模索中である。

 

 


話しが少し逸れたので、昼ストに戻る。

 

 


二人でナンパしていて雷電5声掛け目

 

 


雷「オープナー使用(ネタ系)」

 


JD「???」

 


雷電はネタ系のオープナー中心だが、最近はパターンが少し分かってきた。

 

 


相手の反応は大体3パターン

 

 


ネタ系に対して笑い反応

 

 


笑い反応って嬉しいですよね。普通にメンタル回復します。ネタ系で笑い反応がある子は頭の回転速いです。

 

 

だから、テンポ良いトーク展開が出来れば、食いつき上がる気がします。

 

 


ネタ系だと分からず困惑する

 

 


このタイプは個人的にチャンスかなと思っています。雷電はすぐに「いや、こっちはボケてるんだからツッコんでよ!笑」って強めのSで返します。

 

 

そこで相手から笑い反応が出るとSと相性が良い子なのでチャンスかなと思ってます。

 

 


冷たい反応、ネタを理解しているが笑っていない

 

 


この反応は辛いですよね。雷電はこの反応の場合「あ、つまんなかった?地元ではバカ受けなんだけどねこのギャグ」+自己開示(なぜ話しかけたか)をして粘っています。

 

 


今回の子は、②の反応だったのでSキャラ+共有スペースのユーモアカードを使って連れ出しに成功しました。

 

 


しかし、雷電の髭脱毛+キセク泊まりアポが1時間後に控えていたため、カフェで和んで泣く泣く放流でした。即にコミットできないマインドは今後の課題になっています。

 

 


くろの「俺だったら、髭脱毛をキャンセルして即にコミットしていますよ!」(さすがです。)

 

 


雷電の連れ出しにモチベが上がったらしく雷電と別れたあと、場所を変えてスカウト活動?を続け、最終的にカワイ子ちゃんを連れ出していました。(写メ見たら可愛かった)

 

 


この場を借りて合流してくれた「くろの」君ありがとう。千葉クラスタ頑張っていきましょう!!笑

 

 


以上、千葉で新規合流した話しでした。

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です