初のコンビ即を達成

雷電「どうすれば俺はあんたみたいな英雄になれる?」
無題

 

「俺は英雄じゃない。英雄であったこともない。」

th.jpg

 

雷電「あんたは、凄腕という英雄だろ。俺にもナンパを教えてくれよ。」

無題

 

「自分で考えろ。ここでは、考えることを辞めた奴から死んでいく。」


th.jpg

 

雷電「考えてアポに臨んでいるつもりだ。でも、勝てないんだよ。」

無題

 

「戦場で大事なのは「マインド」と「戦術」だ。」


th.jpg

 

雷電「マインドと戦術?」


無題


雷電は焦っていた。

 


焦る理由はアポで勝てないからだ。スト師になってからアポで負けまくっている。

 


先日もホテル前まで搬送するが逆放流されてしまった。
なぜだ?なぜ勝てない。

 


たまに「勝てるアポしか組まない」という言葉を聞くが、
初心者はアポを組むまでが一苦労。※ネトナンは別

 

 


案件を選別している余裕などない。
連敗の原因は何かあるはずに違いない。

 

 


もしかしたら、
マインドと戦術に問題があるのかもしれない。

 

 


今のマインドは、即る事だけにベクトルが向いている状態かもしれない。
目の前の女性を真剣に見ていない。

 

 


マインドを目の前の女性を「もっと楽しませたい」「もっと知りたい」に変える。

 

 


戦術に関してはブログを読み返すと「適当に和む」という言葉がよく使われていた。

 

 


多分、文字通り適当なトークになっていた。
今回は、戦術的にルーティーン等を駆使して頭を使ってアポに臨みたい。
勝つために手段は選ばない。

 

 


なんだか今日は緊張してきたな。

 


//待ち合わせ場所//



「待たせたな」

無題aa
※実際はお待たせーです。

 


「久しぶりー」
パツ子の雷電値は、5.5。

 

 


少したれ目の男ウケしそうな顔。
看護師という職業柄出会いが少ないらしい。

 

 


男ウケしそうなので出会いがあればすぐに彼氏が出来るだろう。


「花見しに行こうか。」



「うん。」

 


花見会場 in

 


「今日はカクテル作ってあげるね。」

 


「楽しみー」

 



※雷電は事前に自宅でカクテルを作るのが趣味だと伝えている。
カクテルに食いつく女性が多いので、「じゃあカクテル作ってあげるね」と言えば、「自宅搬送」や「アポ取り」に使える。

 

 


自分で作るのでアルコール量も調整できるからオススメ。
※雷電は自分のアルコール量を少量にしてカクテルを作っている。

 

 


さて、和みを開始しますか。
暫く雑談をしてから恋愛系トークに移行する。

 

 


「こないだの話だけど気になっている人がいたんだっけ?」
※ライン段階で気になる人がいたとリサーチ済み

 

 


「いたよ。でも、もう連絡しないって決めたから。」

 


「何があったの?」
※地雷トークになる危険性は把握していたが、深いプットが欲しかったので聞いた。

 

 


簡潔に言うと、
先月出会った男性と関係を持った。毎日会うペースで遊んでいたが好きになり始めて「私達ってどんな関係?」と聞いたら、「恋人ではない」と言われ傷ついた。

 

 

だから、私はこういうのが向いていないと気づき「もう連絡しないでください」と相手に言って今は既読スルーをしている。

 

 


(話の展開次第で追い風にも逆風にもなるプットだな)

 



「でも、パツ子はそれが向いてないと決めつけないほうがいいよ。」

 

 

「え、何で?」



「だって毎日会ってたんだろ?誰だってそんな頻度で会ってたら好きになるよ。だから距離感を考えずに接した男の人が悪い。毎日会うくらいなら彼女にしてあげないと可愛そうだよ。」

 

 



「そうだよね。酷いよね。」

 


「だからパツ子は、そういうのが向いてないって決めつけないで、もっと色々経験したほうがいい。俺が知っている良い女は、自信持って遊んでたよ。遊ばれるどころか男を遊んでた。笑 だから本当に綺麗だったし、少し話しただけで良い女だなって感じた。」

 

 



「そうなんだ。」

 

 


「でも、恋愛で傷つく時もあるけどね。俺なんか・・」

 


ここで普段は絶対使わない「恋愛で傷ついたトーク+人生で苦労した話」を投入してみる。

 

 


ネト師時代は、自己開示を多く行って自然と食いつきを上げていた。
しかし、スト師になってから自己開示の量が激減していた。

 

 


今回は、昔みたいに素直になろう。

 

 


(パツ子の事をもっと知りたいから俺も素直に話すね。)



トークが終わってパツ子を見ると顔が女の顔に変わっていた。

 

 


(仕上がっている。)



顔を近づけてみる。

 

 


拒絶のサインはない。
ゆっくりと優しいキスをした。

 

 


恋人同士のように目を見つめ合って微笑みあう。

 

 


「みんないるから少し恥ずかしいね。笑」

 


「うん。なんか酔ってきちゃった。少し眠い。」

 


「少し歩こうか。」

 



花見道具を片付けて公園を出る。
前回はホテル搬送に時間がかかり、パツ子が冷静になって負けてしまった。

 

 


今回は、「タクシー乗るよ。はい、乗って。」



「え、うん。」

 

 


タクシー in
そのままホテルまで向かう。(1キロ以内/410円)

 

 


「ホテル入って少し休もう。」

 



「えー笑」

 

 


「ほら。行くよ。笑」

 



ホテル in


ホテルに入ってからも油断しない。
今の雰囲気を維持してクロージングする。

 

 


部屋に入ってからすぐにキスをする。
電気を消してそのままベッドに倒れ込む。

 

 


「ダメだよ。笑」


形式グダが多少出るが、適当に流してキスを続ける。

 

 


「ほら、腰上げて。」

 



パンツを脱がせる。

 

 


「バンザイして。」



ワンピースを脱がせてブラを取る。
パツ子を全裸にして、優しく手マンして・・・
(負け続きは辛かった。やっと、やっと。)

 

 



「だめーー気持ちいいーーーー」

 

 


準即

 



//セク後//

 


「本当悪い男に出会っちゃったね。笑」

 


「本当ですよ。もうしないって決めたのに。笑」

 


「でも身体は正直だったよ。笑」

 


「本当サイテー笑」

 


セク後は悪い優しいお兄ちゃんポジションにシフトしている。
食いつきを上げ過ぎないためにも、ピロートークは結構大事。

 

 

満即だったので2回戦してホテル退出。

 

 


「てか、バック弱いよね。笑」



「ちょ、ここ駅だから。笑」



「あぁ、ごめん。ごめん。笑 てか、今スゴク良い顔してるね。」

 


「本当?」



「エッチして素直になったんじゃない。感じてたし。」



「サイテー笑」



「女性ホルモンたっぷり出たから明日めっちゃ綺麗になってるよ。」


「本当?嬉しい。笑」



帰りの電車が来た。

 

 


「今日は、ありがとね。またコリドーで!」


「またコリドーで会ったら爆笑ですね。またね。笑」


//帰りの電車内//
(週に2日アポあると体力的にキツイなー。明日は全身筋肉痛だ。泣)

 


「LINE」
「今日はお仕事なのに来てくれてありがとうございました。」

 

 


「花見行きたかったし、パツ子の話聞けて良かったよ。」

 


「雷電さんのおかげで新しいことが分かりました。笑」

 

 


「え、どうしたの?」(食いつき上げ過ぎちゃったかな?笑)

 


「好きじゃなくてもエッチは気持ちいいことが分かりました。」

 


・・・・相手を魅了する講習はよ!泣

 



「最後まで決して諦めない。いかなる窮地でも成功をイメージする。…あんたの言葉だ」 by メタルギア
metal_gear_rising_revengeance_demo_announce.jpg
以上。

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です