声かけて10分でラブホに行った話 (くりぼうずブログ風)

スト開始時期から、出撃の優先順位はかなり低い。

キセクと遊ぶのも好きだし、リア友とも遊ぶし、家族との時間も大切にしたい。

どうせ出撃しても即れる保証なんか無い。

今日は、オンリー気味のキセクとのお泊りアポだった。が、しかしまさかのドタキャン。
(楽しみにしてたから本当ショックだった。泣)

メンタル落ちてたけどこのまま家帰って寝るのは悔しいと思い、身体に鞭打ってスト開始。

オレの恰好はプールに行く予定だったから、麦わら帽子にアロハシャツ、

リュックサックに道具がパンパンに詰まったカバン。

オレ完全に町で浮いている不審者www

服装グダが少しあったが、特命さんと合流して早速声掛け開始。

30分ほどして、20歳コンビをマックに連れ出し。しばらく和むが未来無いと感じる。

マックシェイク買って2階上がる時に逃げられたww

気を取り直してスト再開。今日のオープナーは、「俺の夏度は何パーセントくらい?」

スカウト臭が無いせいかオープン率は高い。
(不審者臭はヤバいがwww)

出勤前のスト高キャバ嬢がいたので声掛け、和んで番号ゲット。

次にスーツケース持っている女性に声掛け、和んでマヨネーズゲット。

最後は、BBQ帰りの女性に声掛け、和んでお酒 (ほろ酔い)ゲット。

連れだしは出来ないが、声掛けた女性からいろいろもらえたwww
(もしかしたら乞食だと思われたのだろうか。)

途中でくろの君と野生ナンパ師さんと合流。

ドタキャンの怒りをくろの君にぶつけて少し楽になる。(くろの君ありがとうー)

そして、野生ナンパ師さんと軽く地蔵トーク。

彼曰く、ギャル系は反応がキツイから声掛けしないとのこと。

すると、目の前を目パッチリのエロそうなギャルがタバコを吹かしながら通る。

「あれはどうですか?」と、野生さんを煽る。「見るからに機嫌悪そうじゃないですか。」と野生さん声掛け拒否。

「声掛けたら反応良いかもですよ。」オレびびらずにギャルに突入。

「俺の夏度何パーセントくらい?」声掛けすると、エロギャルビタ止め。

すぐに自己開示とプールをドタキャンされたことを伝える。

「てか、明日一緒にプール行こうよ。」「うん、いいよww」「え、まじか!じゃあ、今日は泊まりでホテル行くか。」「行こう。www」

なんと会話して1分で直ホ打診通ってしまう奇跡。
(ナンパの神様がご褒美くれた。)

そのままタクシーに乗ってホテルin。部屋の清掃で少し待たされたので、待合室でイチャつく。

女「部屋に入ってからww」オレ「もう濡れてんでしょ?」女「やばい、イケメン過ぎて顔見れない。にやけちゃう。」(奇跡的に顔が刺さった様子。)

部屋に入ったら早速セクロス開始。女から「やばい、うますぎる。」とお褒めの言葉を何回も頂く。

女いわく、周りの男でこんなセクロスをするやつはいないらしい。(承認欲求かなり満たされた。)

2回戦のセクロス終了後は、お互いグッタリして就寝。

朝また1回して合計3回戦。(俺も本当元気だなーww)

ちなみに、天気予報が雨だったのと、お互い疲れていたため、プールは中止にした。

ホテルを出て女を駅まで送る。

帰り道で、女の職業を聞くと、キャバ嬢だった。(何気にキャバ嬢は初ゲット。)

朝だったため、女はテンション少し下がり気味、オレも盛り上げようとしなかった。

ただ、見た目は強めでヤンチャしているが、内面は可愛くて良い子だと感じた。

目に見えるものだけを信じるのは良くないと再確認。

「ちゃんと帰るんだぞ。」と女の頭をポンポン。「はーいww」で解散。

女と解散した後に一日を振り返る。

キセクとのアポをドタキャンされた時、「他の男にナンパされてそいつと遊んでるからドタキャンしたのかも」と思ってしまった。

自分が軽く扱われたことに非常に腹を立てメンタルが底辺まで落ちた。
が、しかし、最終的にエロギャルとセクロスを楽しめたから結果オーライ。

とりあえず今月は月間坊主回避。

だけど、こんなラッキーパンチじゃダメだよな。

最近はインプットをあまりしていないから、地道にインプット、実践でアウトプットして腕を磨いていきたいと思う。

20代前半は、まったく遊んでこなかった自分がこうやって出会った女の子と良い思いが出来るなんて、ナンパってやっぱりサイコーだと思う。

雷電のたたかいは、まだまだ続く。
以上。
参考ブログ→「くりぼうずの戦い
※本人から参考許可を頂いています。
aaa

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

声かけて10分でラブホに行った話 (くりぼうずブログ風)” に対して1件のコメントがあります。

  1. エルヴィン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    僕も強め系ギャルは地蔵しがちなので、躊躇なく声掛けれる雷電さん凄いすわ。
    俺も今度夏度何%オープナー使ってみよ^ ^

  2. 雷電 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    エルビンさん
    俺も強めギャルは怖いっすよ。笑
    夏オープナーぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です