ナンパの夢と現実と痛み 「ナンパを始めてもうすぐ1年。思った事を書き殴る。」

こんなはずじゃなかった。
自分が思い描いていた未来と違っていた。

 

 

 

 

 

 

退屈な日常。

 

 

 

そんな時にふと疑問に思った。

 

 

 

25年以上生きているが、女遊びをしたことがない。

 

 

 

そもそも俺は女遊びができるほどの魅力があるのか?

 

 

 

自分の価値はどれくらいのなのか?

 

 

 

その答えを知る為に、出会い系に登録した。

 

 

 

何人かとメッセージのやりとりをする。

 

 

 

デートの約束を取り付けて2人で会う。

 

 

 

最初はとても緊張した。

 

 

 

勇気を出して女性をホテルに誘ってみた。

 

 

 

上手に喋れない。

 

 

 

恐らく緊張していたのだろう。

 

 

 

付き合っていない女性とセックスをする。

 

 

 

予想以上に興奮したのを覚えている。

 

 

 

行為後に女性が突然甘えてきたのが印象的だった。

 

 

 

そこからは、デートをするたびに女性をベッドに誘っていった。

 

 

 

10人の女性と関係を持った。

 

 

 

キープと呼べる女性も3人できた。

 

 

 

セックスには困らない環境を手に入れた。

 

 

 

出会い系に飽きたので、路上で女性に声を掛けるナンパを始めた。

 

 

 

最初は緊張した。

 

 

 

声をかけた女性から拒絶される恐怖。

 

 

 

これは文字だけでは伝わらない。

 

 

 

実際に町に出て声をかけようとしないと理解できない。

 

 

 

ナンパはチャライ男が気軽に声をかけているわけではない。

 

 

 

軽く声をかけられる人は、上級者。

 

 

 

初心者の声掛けは重い。

 

 

 

心をすり減らして必死に声をかけている。

 

 

 

必死に声をかけた女性から酷い対応をされて傷ついていく。

 

 

 

ネットとは違う。リアルな痛みが全身を襲う。

 

 

 

身体と心が悲鳴を上げるが、声を掛け続けていく。

 

 

 

声を掛け続けていくと、番号を交換できた。

 

 

 

デートの約束も取り付けられた。

 

 

 

2人で会う。

 

 

 

そこからはネットのデートと同じ流れ。

 

 

 

ホテルに誘ってセックスをした。

 

 

 

初めての結果で嬉しかった。

 

 

 

その3か月後に初めて即を経験する。

 

 

 

即とは出会ったその日にセックスをすること。

 

 

 

自分の中で何かが壊れた。

 

 

 

少しずつナンパにのめり込んでいった。

 

 

 

夏になってお盆休みがやって来た。

 

 

 

本気でナンパを集中してやりたいと思った。

 

 

 

4日連続都内でナンパをした。

 

 

 

結果は、4日間で4人の女性と関係を持った。

 

 

 

1晩で2人組の女性両方とセックスをした。

 

 

 

冷静に考えれば頭がおかしいと思う。

 

 

 

自分の常識は既に崩壊していた。

 

 

 

貞操観念を何処かに置き忘れてしまったみたいだ。

 

 

 

片手に収まっていた経験人数は、30人を超えていた。

 

 

 

ただ、気になる事もあった。

 

 

 

経験人数は増えていくが、心は満たされない。

 

 

 

前よりも渇きが増したような気がする。

 

 

 

欲求に終わりはない。また次が欲しくなるのが人の性。

 

 

 

もっと、もっと、もっと欲しくなってくる。

 

 

 

もう一度言うが、「欲求に終わりはない。」

 

 

 

そして、俺たちは傷ついていく。

 

 

 

最初は、路上で立ち話できただけで嬉しかった。

 

 

 

番号を交換して舞い上がった。

 

 

 

彼女からメッセージを待っていたが、来なかった。

 

 

 

少しずつ傷ついていった。

 

 

 

今は期待などしていない。

 

 

 

メッセージを送ったらすぐに非表示に設定する。

 

 

 

既読がついたかどうか等、どうでもいい。

 

 

 

返ってくるかどうかの事実さえ分かればいい。

 

 

 

今は、女性の行動しか信用しない。

 

 

 

「彼氏から返信が来なくて不安」と言っている女を抱いた。

 

 

 

「絶対何もしないから」と言いながら、ベッドで「もう終わりなの?」と言う女も抱いた。

 

 

 

「今日は、ダメ。次ならいい。」女の言葉を信じて待ったがブロックされた。

 

 

 

だから女の言葉は信用できない。

 

 

 

俺たちは傷ついていく。

 

 

 

騙され、ブロックされ、キープは消えて、虚しさがこみあげてくる。

 

 

 

少しずつ感覚が無くなっていく。

 

 

 

感情が少しずつ消えていく。

 

 

 

少しずつ心が傷つき、ボロボロになっていく。

 

 

 

ボロボロになった心を守る為に、自己防衛で悲しみの感情を殺す。

 

 

 

しかし、悲しみと一緒に喜びの感情も殺してしまう。

 

 

 

俺たちは少しずつ、何も感じない無に近付いていく。

 

 

 

今日も刹那的な快感を求め町に出る。

 

 

 

渇きだけが増していく。

 

 

 

 

・・・ナンパを初めてもうすぐ1年になる。

 

 

 

「女を理解できるようになったか?」と聞かれたらこう答える。

 

 

 

「余計分からなくなった。自分が分かったつもりでいただけだった。」

 

 

 

ナンパブログの読者だった自分が、ナンパの世界に飛び込んだ。

 

 

 

セフレを複数人作ることもでき、3Pも経験した。

 

 

 

2人組の女性をコンビで口説き、同じ部屋で両方の女性とセックスもした。

 

 

 

普通に生活していたら経験できないようなことだ。

 

 

 

それはナンパに感謝したいと思っている。

 

 

 

最後に、「ナンパには夢がある」

 

 

 

宗教団体の合言葉のように誰もが言う。

 

 

 

本当に夢があるのか?

 

 

 

自分の答えは「イエス」

 

 

 

ありえない事を起こす可能性がナンパにはあると思う。

 

 

 

ただ、誰も言わないが同じくらい「辛い現実」もある。

 

 

 

夢が詰まっているナンパブログは3分で読める。

 

 

 

現実は、結果が出るのに3ヵ月以上はかかる。

 

 

 

夢に憧れナンパを始めたが、3ヵ月も経たず辞めていった人達も多い。

 

 

 

また、涼しい顔して結果を出してそうだが現実は違う。

 

 

 

足が悲鳴を上げても声をかけ続け、深夜の町で目を擦りながら声をかけ続ける。

 

 

 

それでも女性から相手にされず帰宅する時もある。

 

 

 

 

他の皆は、可愛い女性達とセックスをしている。

 

 

 

「何で俺は結果が出ないんだ?」

 

 

 

本当に悔しく思う夜もある。

 

 

 

町に出ても恥をかいて帰るだけかもしれない。

 

 

 

それでも家にいたら何も起こらない。

 

 

 

プライドなんて必要ない。

 

 

 

あるのは行動だけ。

 

 

 

行動だけが真実。

 

 

 

それは、男も女も一緒。

 

 

 

ナンパには夢がある。

 

 

 

しかし、夢を掴むためには辛い現実を乗り越えないといけない。

 

 

 

町に出ても声を掛けられず、自分には才能が無いと落ち込む。

 

 

 

必死に声をかけても、女性に無視をされて落ち込む。

 

 

 

頑張って連絡先を交換しても、ブロックされていて落ち込む。

 

 

 

妥協してブスを抱いても、金と時間の無駄だと感じ落ち込む。

 

 

 

可愛い子をゲットしても、長期的な関係を築けず落ち込む。

 

 

 

キープできても、突然切られて落ち込む。

 

 

 

彼女ができても、いろいろあって落ち込む。

 

 

 

上記の経験に心当たりがある人は多いと思う。

 

 

 

その辛い現実を乗り越えボロボロに傷ついた先に、「ナンパの夢」が存在するのかもしれない。

 

 

 

この先どうなるかは分からない。

 

 

 

でも、自分が目指すカッコイイ男にはなりたい。

 

 

 

少なくとも、今はそう思っている。

 

 

 

理想の自分になれたら幸せだ。

 

 

 

今回は、初心者の視点で思うことを書かせてもらった。

 

 

 

ナンパを初めてもうすぐ1年。

 

 

 

色々あったけど、楽しかったです。

 

 

 

長文の閲覧ありがとうございました。

 

 

 

以上。

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

ナンパの夢と現実と痛み 「ナンパを始めてもうすぐ1年。思った事を書き殴る。」” に対して1件のコメントがあります。

  1. えっちゅう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして^ ^
    ナソパ師誰しも通る道ですよねー。共感します。
    どうか病まないでください^ ^

  2. 雷電 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    えっちゅうさん。
    え、まさか人気ブロガーのえっちゅうさんですか?Σ(゚д゚lll)コメント嬉しいです!
    病まないよう自分を強く持って頑張ります(`_´)ゞありがとうございます!

  3. 雷電 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    兎君
    コメントありがとう!お互い始めた時期が近いからね。あの方と共通の知り合いだった時はビビったのを思い出した。笑
    お互い頑張ろう(`_´)ゞ

  4. 雷電 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    パシフィコさん。
    コメントありがとうございます。
    自分もパシさんとは、ナンパのスタイル、価値観は似ていると思います!前回はコンビですぐに連れ出してしまったので、次回はガッツリ地蔵トークしましょう。笑
    人はいつか死ぬ。
    永遠なんて存在しない。
    当たり前なんですけど、気づいたら忘れてますよね。

  5. ダナハ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    結果でるのはやいですーー
    まだまだ、おではその境地まで到達してないので
    楽しめそうです。ぐふふふ

  6. 雷電 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ダナハさん。
    関西有名ナンパ師のダナハさんじゃないですか。(´∀`)ご活躍いつも拝見しております!
    ダナハさんレベルならもう充分だと思いますよ。笑 (`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です