【後編】フランス人美女との一夜(点と点で無限の可能性)

【前回のあらすじ】

 


自分には不釣り合いの美女と遭遇。
異国の彼女に徐々に惹かれていく。

 

 


そして、彼女の荷物を置くために、彼女宅に向かうことが決まった。

 

 

女「大丈夫?」

 


彼女が俺の顔を覗き込んで聞いてきた。
どうやら疲れた顔をしていたらしい。

 

 


10キロ位あるマットレスを持って30分近く歩いていた。
疲れるのは当たり前か。

 

 


彼女の最寄り駅に到着する。
静かで良い街だった。なかなかセンスがある。

 

 


部屋の前まで到着する。
部屋が汚いから外で待って欲しいと言われる。

 

 


大人しく外で待つ。
暫くすると彼女が部屋から出てきた。

 

 


「こんな恰好でごめんね」と笑う彼女。

 

 


充分美しかった。
そこから眠らない町に移動する。

 

 


眠らない町に到着。
ローカルでは考えられない人の数だ。

 

 


雷「迷子になるから手を繋ぐよ。」

 


女「手を繋がなくても大丈夫。」

 


即にコミットしないマインドだったが、彼女が欲しくなってきた。
自然とハンドテストをしていた。

 

 


しかし、結果は失敗。
正直かなり落ち込んだ。

 

 


人ごみを押しよけながら繁華街に向かう。

 

 


彼女がナンパされてどこかに消えてしまわないか不安だった。
無事飲み屋に到着する。

 

 


店員「飲み放題にされますか?」

 


今日は、この場を楽しむのが最初の目標だ。

 


雷「2時間の飲み放題でお願いします。」

 

 


本来は1時間の会話配分がベストだと思う。
話し過ぎると即から遠ざかるのは、薄々気づいている。

 

 


でも、少しでも長く彼女と話していたかった。

 

 


雷・女「乾杯!」

 

 


ワインで乾杯する。
彼女と出会って2時間以上経過していた。

 

 


少しずつ深い話をしていく。
心の距離が近づいているのを感じた。

 

 


雷「日本人とエッチしたことある?」

 


女「一度だけあるわ。クラブで知り合った男。」

 


雷「どうだった?」

 


女「It was quick.」(早かったわ。)

 


雷「笑わせないで。お腹痛い。笑」

 


女「でも、そうだったんだもん。」

 

 


少しずつ性の価値観トークに移っていく。

 

 


雷「興奮するシュチュエーションってある?」

 


女「あるわ。」

 


雷「それはどんな感じ?」

 


女「既婚者とエッチするの。エッチのあと、彼は結婚式に向かうわ。」

 


雷「それはしたこと・・」

 


女「あるわけないじゃない!笑」

 

 


あぁ、会話が普通に楽しい。
本当に楽しいと、もっと欲しくなってしまう。

 

 


即ではなく、純粋に抱きたくなってしまう。

 

 


雷「今日は声掛けて良かったよ。」

 


女「ありがとう。」

 


雷「こんなに楽しいとは思わなかった。だから今夜は一緒にいて欲しい。」

 


女「ごめんなさい。」

 


雷「そっか。」

 


女「フランス人は、セックスに対して開放的だと思うし、昔の私もそうだった。でもね、昔それで傷つけた人がいて、今は成長したの。」

 

 

打診は通らなかった。
彼女が終電を調べ始める。

 

 


あぁ、これでゲームオーバーか。
でも、本当に抱きたいと思える女性に出会えた。

 

 


だから、まだ諦めない。
最後はカッコ悪くなっても泥臭く行こう。

 

 


店員「これが領収書です。」

 


雷「ちょっとトイレに行くね。」

 

 


終電まで残り15分。
トイレで気合いを入れ直す。

 

 


最後は、泥臭く粘ってみるか。
失うことを恐れない強気のマインドに変えた。

 

 


美女だろうが関係ない。
嫌われても良いから粘ろう。

 

 


粘るには十分価値のある女だ。
席に戻ると、彼女は俺を心配している様子だった。

 

 


女「大丈夫?」

 


雷「ありがとう、大丈夫だよ。」

 


雷「あのさ、実は俺、フランス人と経験ないんだ。」

 

女「あら、そうなの?」

 


雷「君と話せて本当に楽しかった。だから、初めては君になって欲しい。」

 

 


ストレートに気持ちを伝えた。
彼女の顔が変わった。

 

 


女「いいわよ。ありがとう。笑」

 

 


周りの雰囲気が変わった気がした。
目が合って見つめ合う。

 

 


彼女の唇に触れる。

 

 


10秒間くらいキスをしたのだろうか。

 

女「この後どうする?」

 


雷「とりあえず、ここを出ようか。」

 


会計を済まして店を出る。
彼女の前に手を差し出す。

 

 


さっき拒否されたハンドテストだ。
ホテル街に向かって手を繋いで歩く。

 

 


彼女と目が合うたびにキスをした。
ホテルのロビーに着いた。

 

 


別のカップルが受付をしていた。
待っている間も彼女とキスをする。

 

 


女「見られちゃうわ。笑」

 


雷「見られるのも好きなんだろ。笑」

 


女「もう、バカ。笑」

 


男「君は僕のフランス人代表になるんだから頼むよ。」

 


女「分かっているわ。笑」

 

 


彼女が優しく俺にキスをした。

 

 


//エピローグ//


町で声をかけた美女と、数時間後にホテルに行くなんて夢みたいだ。
ナンパをしていなければ彼女とは出会えなかった。

 

 


いや、英語を勉強していなければ、ここまで来られなかった。
英語とナンパを2つ組み合わせて、今回の結果になった。

 

 


18歳の時、あるきっかけで語学の勉強を始めた。
最初は、下手くそと皆に笑われた。

 

 


簡単な単語の発音を間違えて笑われた。

 

 


「こんな事も分からないの?」という風に見られた。
それでも地道にやってきた。

 

 


才能が無い自分は、地道にやるしかない。
スタートしたのは遅かったが諦めなかった。

 

 


だからこそ今がある。
スティーブジョブスの言葉で、「点と点を繋げる」というのがある。
点はどこかで繋がって線になる。

 

 


しかし、その点がどこで繋がるは分からない。
自分の過去を振り返った時に初めて気づく。

 

 


あの点と点が繋がって線になり、今を作っていることを。
その点は魅力的ではないかもしれない。

 

 


でも、違う点と結びついて、素晴らしい線になるかもしれない。
今回は、英語とナンパが結びついて線になった。

 

 


10年前の自分では、想像できないようなことが起こった。

 

 


ナンパという点も、他の何かと繋げたら素晴らしい線になるだろう。
それを探す旅もありかもしれない。

 

 


「You have to trust that the dots will somehow connect in your future.」
(我々は今やっていることが、いずれ人生のどこかで繋がって実を結ぶだろうと信じるしかない)

 

 


By Steven Jobs

 

 


以上、閲覧ありがとうございました。

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です