マッチングアプリで詐欺写メに遭遇した苦い思い出

 

人生初のネトナンアポ

 

 

 

※ネトナンアポとは、ネットで知り合った人とデートすること。


どうも雷電です。

今回は、人生初ネトナンアポについて書いていきたいと思います。


それでは、はじまり、はじまり。

 

 


今日は、人生初のネトナンアポ。テンションは、緊張50%、ワクワク50%、エロい妄想150%です。

 

使用したアプリは、Beetalk。

コピペメールを大量送信して、台湾子が食いついてきました。

 

英語が非常に上手だったのでコミュニケーションも容易にとれました。写真も結構可愛い感じで、雷電値6.5です。


メールで食いつきも確認でき、アポもスムーズに決まりました。


そして、彼女の家の最寄駅で彼女を待っていると、台湾子がやってきました。


うん?写真と全然違うじゃないですか。


顔の大きさが自分の想像していたよりも1.5倍大きかった。


その時、雷電は写メを盛られるものという事実を体感しました。

テンションは、駄々下がりでした。


しかし、即ってやろうっていう気持ちは、まだ5%位ありました。


彼女との会話は、全て英語です。特に不自由することなく、会話は出来ました。


雷電は、ひたすら酒を飲みました。


酔わないと即れないと思ったからです。


結果は、雷電の泥酔です。

一瞬、二次会にカラオケに行く流れになりましたが。雷電の泥酔グダと、雷電のモチベ低下グダが入りました。


なので、雷電は終電で大人しく帰りました。


台湾子からメールがきて、雷電さんは、私のことタイプじゃないですよね、とか言われちゃいました。


雷電としたら女性をガッカリさせてしまい、アポとしては、失敗だったなと後悔しています。


以上、初めてのネトナンアポでした。

 

考察:
・会話の内容は、まじめトーク 80%、恋愛トーク20%で、エロトークを入れることができなかった。

・身体的接触も少なく、完全なギラつき不足だった気がする。

・写メ盛りでモチベ低下したが、しっかり立て直して即にコミットするべきだった。


・アポ場所が相手の最寄駅でアウェー。ヨネスケを狙ったが寮のためNGだった。

・事前に確認して得意なホームでアポを入れるべきだった。

 

以上、初めてのネトナンアポでした。

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です