ナンパ体験記

【ナンパ体験記】コロナ自粛後の再開スト(無駄な出撃など一日もないと思った話)

どうも、雷電です。

久しぶりにブログを更新しました。

文章を書くと自分の復習になるため、今回もブログ書きます。

備忘録になるためつまらない文章はご容赦願います。

 

コロナで自粛

3月からコロナの影響で自粛が続く日々だった。

女遊びもジムも我慢して室内で過ごしていた。

 

こんな時だからこそ家族と過ごす時間を大切にし、普段はやらない新しい趣味を探した。

 

テレビをつけるとコロナ報道ばかりで嫌気がした。

社会全体がコロナの話題で暗いニュースばかり。

 

「弱い人間から死んでいく」ふと読んだ本で目に留まった言葉。

コロナショックを報道で見て自分も同じことを感じていた。

 

異常事態は格差を浮き彫りにするな、と感じ、同時に自分も油断せず精進しようと内心思った。

 

オンリーと別れストナン再開

 

緊急事態宣言が解除された。

少しずつ日常が取り戻される感覚がした。

でも、コロナ前の日常とどこか違うにおいがする。

あの頃の日常は二度と戻ってこないのだろうか。

 

大きな変化はあった。

お気に入りのオンリーと別れた。

2016年に知り合った子で長い付き合いだった。

彼女は25歳になったから、次に良い人を見つけて結婚してほしい。

 

別れを経験したため、ストナンを再開しようと決意した。

2019年は仕事の合間に海外ナンパで遊んだが、ナンパから気持ちが離れていたのは事実。

 

2017年みたいに熱い感情はなく、目的もなく暇つぶしの遊び程度だった。

 

「もっとナンパが上手くなりたい!!」みたいな感情はなかった。

どこかで満足していたんだろうな。

 

でも、オンリーがいなくなり心と時間に余裕が出来た。

もう一度、ストを真面目に再開しようと決意した。

 

「オンリー探しの旅編」でしばらくは楽しみたい。

あと、試したい事が色々あるので路上で検証する。

 

出会い~バンゲ時

 

さて、話をストリートの活動に戻す。

ストに復帰して地蔵を恐れていたが問題なく声掛けはできた。

連れ出しもでき、ギラツキまでいけた。

まだナンパできた事実にホッとした。

残された時間は短いと思っている私は「ナンパができる」という事実だけでも嬉しい。

 

//ある日のストリート//

 

雷 いつものオープナー

 

女「なんですかそれ。笑」

 

笑い反応を貰って無事オープン。

いつもの調子で笑い反応を取っていく。

頭の回転が速く話していて心地いい子だ。

 

連れ出し打診をするが家に帰るグダ。

手にはスーパーの袋を持っており、食材を気にしている。

譲歩してバンゲを打診するがグダ。

 

女「交換しても意味ないですよ。笑」

とグダられるが、タイプ顔なので少し粘る。

 

和み⇒打診⇒和み⇒打診を繰り返す。

20分くらい立ち話をして最後バンゲまで到達。

 

バス停まで送って放流した。

 

雷 (未来なさそうなのに粘りすぎたかな?)

と若干後悔した。

 

その後は、雨が降ってきてしまいスト中断。

雷 (あ~ショボい結果で終わったな)

 

その後、仲間たちと居酒屋に行きナンパ談義で盛り上がった。

先輩から貴重な話も聞けて勉強になった。

 

楽しく飲んだ帰り道に、ふと感じた感情。

バンゲだけの日は悔しいなと再確認した。

 

アポ決定~即

死番濃厚かと思ったが、ラインは返ってきた。

週末の予定を探る。

暇そうだったので、日曜の夕方にアポ打診をしたところ、結果はOK。

久しぶりの新規アポが決まった。

 

//再会//

 

わざと少し遅刻して電話で関係性を確認した。

この段階で怒る女は、そもそも食いつきが無い。

 

怒る様子もなく最初のスクリーニング突破。

聞くと30分以上かけて来たとの事。

雨の天気予報でわざわざ来た事実を判断材料にしたい。

 

//飲み屋 //

 

飲み屋に入りトーク開始。

昔のキセクに教えて貰った飲み屋だが、安くて美味い。

この店を含んだ導線をひとつ完成させておきたいな。

 

あと、マスクを取る瞬間が個人的には恐怖。笑

お互いの顔が分かるので、アポの山場は恐らくここ。

 

マスク後の結果は、相手のスト値若干低下。泣

相手の反応は?うーん恐らくセーフかな。笑

 

久しぶりのアポだから教科書通りにやった。

物理的な距離、精神的な距離、男性としての魅力。

様々な角度からゲット迄の距離を測る。

 

今回は多めにエピソードトークを入れた。

自分の背景をイメージさせて安心感を与える。

イメージから逆算したギャップ演出も使う。

 

90分程度も多めに和んで店を退店。

店を出てハンドテストOK。

パーソナルスペースに侵入も抵抗なし。

 

//カラオケ//

 

次の導線の目的地であるカラオケに入る。

個人的にカラオケ好きなので歐う。笑

自分の歌で相手から尊敬感情を貰えれば儲けもの。

 

何曲か歌って歌い疲れたを理由にトーク開始。

念のため三択質問で現在位置を確認。

正解回答が出たため、食いつき高めと判断した。

 

物理距離的なグダは一切ないので近くに引き寄せてキス。

 

雰囲気を作って盛り上げていく。

焦らず純粋に優しいキスを楽しむ。

 

触る部分を上から下に移していく。

パイ揉みノーグダ、パンツに手を入れるとしっかり濡れている。

軽く指を入れると若干グダが出た。

 

聞くと場所グダだったので、カラオケを退店した。

ずっと手を繋いでたので、雰囲気維持は上手くできた。

店を出てからレンタまで3分以内の導線。

 

途中で女から「どこいくの?」と質問が入ったため、ユーモア打診で盛り下げない。

女から笑い反応も取り、レンタ前に到着してノーグダでイン。

 

その後は、問題無くゲットした。

ま〇毛がボーボだったので今度パイパンにしてあげよう。

 

擦れていない可愛い22歳。

30代に入った自分でも若い子にまだ通用する。

ローカルの即は都内の3倍難しいが、ゲットの質は格段に上がる。

(以前にゲットしたスト高は全てローカル)

 

都内のレッドオーシャンで戦う戦略もありだが、自分だけのブルーオーシャンを見つける戦略もアリだと思う。

 

今後もオンリー探しの旅をするため、ローカルでしばらく活動する。

ナンパ歴も4年目で、英語ナンパ、海外ナンパも経験し次の遊び方を探している途中。

(コロナが終息すれば海外ナンパは再開する予定。)

 

最後に

自粛後に格闘技のジムに行って感じた事がある。

体力や技術が落ちているかな、と予想していたが、想像以上に頑張れた自分に驚いた。

 

ナンパや英語も同じだが、少し休んだだけで「今までの積み重ねがが消える」ことは無いと個人的に思う。

 

年単位で積み重ねたものは、数カ月単位で消え去りはしない。

もし消え去ってしまったのなら、厳しい言葉で言えば「そもそも積み重なっていない」

積み重ねは最強だなと、ナンパの経験と格闘技を再開して再確認した。

 

雨の日に満足にナンパできず、バンゲだけした子をゲットできた。

「今日街に出て意味があったのかな?」と思ってしまうような日。

今後もそんな日があると思う。

 

でも、街に出続けれる限り、何か起こるとまだ信じられそう。

今回の経験が「可能性を諦めない」という価値観を強化した。

経験が価値観を作り強化していく。

 

今回の旅で新しいオンリーには出会えるのだろうか。

 

以上。

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。
ABOUT ME
raiden
raiden
名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。