コラム

【失恋記事】オンリーとの別れ<2回目>「セフレの作り方を考察してみた」

どうも雷電です。

 

実は、今年5月に3年間続いたオンリーと別れました。

彼女との別れは二度目です。2年前に一度別れて復縁しています。

 

 

オンリーがいなくなり、6月~7月はオンリー探しの旅に出ました。

何人かキープを作れたので良かったです。

女をすぐに現地調達できるストリートはやはり最強ですね。

 

さて、今回のブログは、

「なぜ、オンリーと長期的な関係を結べたのか」を真面目に考えてみました。

 

 

彼女化などの方法を使わず、世間一般で言う「セフレ」と呼ばれる関係でした。

 

 

セックスをするだけの関係で、デートなどは特にしていません。

直ホ→飲みのコースを繰り返していました。

それでも合計3年間も関係が続いています。

関係が続いた考察も合わせてブログにしています。

 

3年間続いたオンリーとの別れ。

 

 

「もうこの関係を辞めたいです。」

 

きっかけは一通のメールからだった。

コロナで自粛する中、彼女から別れのメールが突然来た。

 

 

「そっか、ありがとう。今まで楽しかったよ」

引き止めたりしない。別れはある程度予測していた。

 

彼女の夢が叶うなら、今年の5月末にお別れだった。

しかし、コロナが流行してスケジュールの大幅な修正が発生していた。

 

彼女も別れを以前から考えていたのだろう。

出会いから別れまで合計4年間。(別れていた1年を含む)

彼女には、良い人を見つけて幸せになってもらいたい。

 

 

別れはいつも突然やってくる。

別れは驚くほどあっさりで驚く。

遊び人でいる限り、この別れは避けられないだろう。

 

 

ふと考える。

別れを繰り返すたびに自分は傷ついているのでは、

実は、心は傷だらけになっているのでは、

後戻りできない所まで来てしまっているのでは、と。

 

 

たまに不安になる時がある。

 

 

でも、別れを振り切り前に進むしかない。

別れに慣れたくはないが。

 

 

今回は、自分の振り返りを含めキープできた理由を考察した。

 

 

キープに必要な要素とは。

 

シンプルな言葉で表すと「また会いたいかどうか」に尽きる。

浮気をしない、他の女と遊ばない、自分を優先する。

セフレ関係に約束は存在しない。

 

 

単純に「また会いたいかどうか」だけの関係。

だからこそ、お互いの利害が色濃く反映されていく。

 

 

男にとってセフレ関係のメリットはひとつ。

「セックスを提供してもらえる」

 

その他の+αで価値観や趣味が合う、など色々あると思うが、

一番のメリットは「セックスを提供してもらえる」だ。

 

 

セックスの価値が無ければ関係継続はできない。

どんなに美人でもセックスがイマイチだとキープ欲が失せる。

 

 

セックスの価値が提供できない女に興味はない。

と女から罵詈雑言が飛んできそうなだが、事実だと思う。

 

 

逆に女にとってセフレのメリットとは、

これも男と同様「セックスの提供」があると思う。

セックスの相性が良い、は関係を続ける大前提になる。

 

 

しかし、女の場合は、その他の+αが重要になってくる。

+αとは何か?それは、「あなたにしか提供できない価値だ」

 

 

自分が与えていた価値を書き出してみる。

・セックスの価値 (オンリーを調教済み)

・英語を本格的に教えた (TOEIC 600点まで上昇)

・持っていない価値観 (ビジネス系、人間関係)

・相談役 (仕事や恋愛、人生相談に乗る)

・新しい自分を見せる(自分が挑戦した物語)

・会ったら必ず笑わせる(ユーモアの価値)

・カクテルを作る

・ルックス食いつき (鍛えた体)

 

 

多分、上記の価値は提供していたと思う。

依存していく関係を目指すには「いなくなると困る」存在になること。

 

・困った時に相談できる人。

・英語を親切に教えてくれる人。

・最高に気持ちよいセックスをしてくれる人。

・新しい価値観を教えてくれる人。

・一緒にいていつも楽しい人。

・男性として外見が魅力的な人。

・お金が掛からずバーで飲めるお酒をくれる人。

 

 

この人がいないと困る。と思う要素がたくさんあった。

メリットを相手に提供できる限り関係は続きやすい。

 

 

キープできない人の特徴。

 

キープが苦手な人の特徴も考察していく。

女を囲みやすい人と、キープが出来ず即で終わる人の特徴。

 

 

「また会いたいかどうか」の原則を前提に考えていく。

ナンパをしていると「タイミング的な即」が結構生まれる。

 

・女の子が彼氏と別れたばかりだった。

・女の子が酔っ払っていた。

・終電が無い状況だった。

・女の子が単純にムラムラしていた。

・強いメリット提供ができた(パレス使用、お金など)

 

特別な状況で女の子と簡単にやれる時がある。

しかし、タイミングを利用したゲットのため、翌日に女の子が冷静になると切られる。

冷静になったら「また会いたいと思わなかった」ケース。

 

そのため、女性のゲットの仕方や状況がキープ率に影響する。

本人の魅力で女性をゲットした場合は、キープ率が高い。

 

タイミング的なゲットが多い人はキープ率が低い印象。

準即(二回目でゲット)が少なく、即(その日にゲット)が多い人。

 

また、単純に本人がつまらないケースもある。

一緒にいて楽しくない人は長期的な関係だとかなりのハンデになる。

 

女の子を笑わせる、楽しませるために色々工夫しろと言っているわけではない。

「悪口や愚痴を言わない」など、雰囲気が悪くなる話をしないだけでも十分だ。

加点が無理なら減点をしないように意識する。

 

 

最後に、キープのメリットとデメリット。

 

 

キープのメリットは、「セックスまでの距離が短い」。

単純に新規より簡単にセックスできる。

 

アポも口説きも必要なく、簡単にセックスまで到達できる。

一人暮らしのキープとか最高だ。

金もかからないし、ぜひ重宝したい存在。

 

 

あと、これは個人で変わるが、「お互い理解し合う感覚」が好き。

1回目より2回目、2回目より3回目、とセックスの質が上がっていく。

相手の気持ちいい箇所や加減が分かってくる。

 

相手がエロくなっていく姿を見るのが楽しい。

これもキープとセックスするメリットだと思う。

 

 

デメリットは、「口説きの質が下がる」に尽きる。

時間は有限だ。キープと遊べば時間は減っていく。

 

簡単にセックスが手に入る環境は、新規欲を下げる。

女性をベッドまで誘う口説きは、新規女性でしか味わえない。

 

 

キープを優先すると口説きの経験が減る。

凄腕はそれを理解してキープを作らない。

 

 

新規でも簡単にセックスが手に入る自信があるからだ。

キープ観は個人差が大きいので、自分が納得する遊び方でいいと思う。

 

 

自分は、昔から「多数より少数、100人の友達より1人の親友」が欲しいタイプ。

だからキープを作ってしまうと思っている。

 

 

界隈の風潮や言葉に左右されず、自分の価値観を理解した遊び方をしてほしい。

私もキープを囲って新規欲が下がり、活動時間が大幅に減った。

 

 

今は少しずつモチベ回復してきているため、もう一人作りたいと思っている。

もう数年遊ばせてほしいため、口説きの質を上げるのが課題。

今年の冬もなんとか生き残りたいな。

 

 

長文の閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。
ABOUT ME
raiden
名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。