【ギラの流れ公開】ネットナンパのテクニックまとめ

ネトナンで勝てる時の特徴をまとめてみました。


どうも雷電です。

 

最近、ネトナンを初めて5即を達成することが出来ました。

 

セックスが定期的にできると身体の調子も良いですね。笑

 


経験が増えたので勝てる時のパターンが少し見えてきました。

 

今回は、自分の勝てるパターンをまとめていきたいと思います。

 

はじめは、雷電流の会話の流れです。


アポで会話をする時は、「まじめトーク20分」「恋愛トーク20分」「エロトーク20分」を意識しています。

 

軽口を叩ける関係になったら貞操観念を確認する質問をします。


①ワンナイトラブの経験はあるのか?
もしあると正直に答えてきた時は、勝率はかなり上がります。


また、きわどい質問をする時は、枕言葉を大事にします。

 

「ぶっちゃけ聞くけど」「こんなこと聞いて気持ち悪いんだけど」などの前置きをしてから自然に質問をします。


そして、楽しくセックスすることは悪いことではない、と自分の価値観を自己開示していきます。

 

いやらしくならず、堂々とした態度で言うのがポイントです。

変に笑ったりすると正直きもくなります。


最後は、エロトーク系の話題で盛り上げます。

相手のセックスの好みや経験談、興味がある体位の話し等をします。

 

基本的にエロトークまでスムーズ行けた子は、全てエッチできてます。

こないだの処女もセックスをイメージさせるエロトークをしています。


小手先テクニックとしては、カラオケまでの移動中に少し酔ったふりをして相手の肩を触るのがあります。

 

少しずつボディタッチを増やして相手に慣れさせます。

 

食いつきがないなら露骨に嫌な顔をされたりするので、相手の好意はどれくらいか?と測る指標にもなります。

 

個室で頃合いを見て、「酔ったらハグ魔ルーティーン」を使っています。

 

酔うとハグをしたくなる、と個室搬送前の会話で伏線をはっておき、個室で伏線を回収します。

 

ハグに成功したら、ホッペにキスをトライします。

 

相手の反応が良好なら形式グダと判断して抱き寄せてDK。

 

場所を気にする場合は、テルーホに移動してゲットの流れです。


勝てる時の特徴としては、
①自分のモチベが高い。スト値低いとやる気ナシです。


②会話の流れが自然にまじめトーク、恋愛トーク、エロトークになり相手も盛り上がっている。


③ワンナイトラブ経験がある子。


④手を繋ぐと体の相性が分かるルーティーンが決まる

 

⑤ハグ魔ルーティーンが決まる。


多分、即系しか当たっていないのでラッキーパンチばかりだと思いますが、雷電的には上記かなと思っています。


まだまだ奥が深いナンパの世界。新しいルーティーンなどは積極的に使っていきたいと思います。


グダがあまりなく自然にセクまでの流れになっているので、グダがきた時は、チャンスだと思ってグダ崩しをしたいと思います。

 

以上、閲覧ありがとうごあいました。

Follow me!

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です