ナンパのノウハウ

【ノウハウ記事】大切な人を傷つけない浮気バレ対策集

「大切にしたい女性がいる」

 

 

でも、

 

 

「他の女性とも遊びたい」

 

 

あなたがそんな欲張りさんだとしたら、今回のコンテンツが役に立つかもしれません。

 

 

最初に私の話を少しさせてください。私が女遊びを始めたのは2016年です。

 

 

ツイッターで界隈を知り、ネットナンパから始めました。

 

 

今では、100人以上の女性と関係を持ち、外国人ナンパ、海外で現地彼女を作る経験もし、セフレやキープも常時いる私ですが、実は、女遊びを始めた段階で彼女がいました。

 

彼女持ちだった私が女遊びを続けていくに当たり、浮気バレ防止でやってきた方法を今回コンテンツにしてみました。

 

執筆背景としては、ナンパ仲間と話しをした時に、彼の歴代彼女と別れた理由のほとんどが「浮気バレ」でした。

 

 

また、彼の浮気バレ防止に対する意識と自分の意識の差が大きかったため、試しに私のノウハウを体系化しようと思い今回筆を取りました。

 

 

このブログを読んで得られる内容を下記に記載します。

・女性には警戒モードが存在する

・浮気バレにもレベルがある

・具体的にしてきた防止策

・賢い嘘と下手な嘘

・罪悪感が無くなるマインドセット

・〇〇を悟られたらいけない

・〇〇の理由を軸に時間を作る

・信頼残高について

・警戒されにくいブランディング

・〇〇内で遊んでる人はバカ

・浮気防止の前に考えるべきこと

・絶対に浮気がばれない方法

 

 

ざっとメリットを列挙してみました。

大切な彼女がいる方で少しでもこのコンテンツに興味を持った欲張りさんがいれば、内容を読んでみてください。

第一章:女性には警戒モードがある

 

 

同じ行動をしても浮気がバレる人と浮気がバレない人がいます。

 

 

例えば朝帰りした時に、同棲した彼女に浮気を疑われて浮気がばれたAさん。

 

 

同じく朝帰りしたが、同棲した彼女から特に何も言われず浮気がばれなかったBさん。

 

 

前提として、Aさん、Bさんの彼女は同一人物とします。(ありえない設定ですがw)

 

 

どうしてAさんは浮気がばれて、Bさんはばれなかったのでしょうか。

 

 

理由は「彼女が既に浮気を疑っていたかどうか」です。

 

 

Aさんは、既に浮気が疑われていたため、今回の朝帰りが理由でさらに彼女の疑いが深まり、執拗に詮索された結果浮気がばれてしまいました。

 

 

Bさんは、彼女から浮気を全く疑われていなかったため、同じ朝帰りという行動をしても疑われず済みました。

 

 

浮気バレを防ぐ方法として、女性の警戒度は常に頭に入れておくべき項目です。

 

 

具体的には、女性の警戒モードは三種類あります。

 

①危険モード

既にかなり疑われている状態です。既婚の場合、探偵という最終手段を取られても仕方ないレベルで疑われています。

 

 

この状態では、あなたの行動、携帯履歴など詮索される可能性が高く、あなた自身を試す質問などを彼女から受けるかもしれません。

 

 

このモードに入ってしまった時は、既に手遅れだと思ったほうがいいです。

 

 

②警戒モード

これは彼女が少し疑っている状態です。危険モードほどではありませんが、あなたの言動で矛盾点や整合性が取れない内容があると、危険モードに入ってしまうかもしれません。

 

 

このモードに入った時は、警戒モードが解除されるまで大人しく女遊びを自重するのが懸命です。

 

 

③通常モード

これは彼女がアナタを疑っていない状態です。例題のBさんは、彼女が標準モードだったため、Aさんと同じ行動をしても特に彼女から詮索されずに済みました。

 

 

危険モード、警戒モード、標準モードがありますが、各モードに入るトリガーは個人差があります。疑い深い彼女であれば、些細なことでもすぐ警戒モードに入るかもしれません。

 

 

ちなみに、彼女との出会い方も、各モードに入る基準値に影響してくると個人的には思います。

 

 

歓楽街の路上で声を掛けて出会ったなどの理由だと、彼女から「ナンパをするチャラい人」と思われている可能性が高いため、警戒、危険モードに入る基準値は低いです。

 

 

もしかしたら、最初からすでに警戒モードかもしれません。

 

 

三つの状態をお伝えしましたが、一番言いたいことはこれです。

 

 

彼女の状態に合わせた行動をする。

 

 

警戒モードが上がらない予防対策をする

 

 

常に女性の状態を確認する必要があります。

 

 

家に彼女が待っているなら、帰宅した時の彼女の表情。

 

 

あった時の彼女の声のトーンや話す内容。

 

 

自分に対する質問の声のトーンや内容。

 

 

彼女の振舞いや話す内容から、「彼女は俺を疑っていないか」と常に注意深く観察する必要があります。

 

警戒モードが上がらない予防対策も大事です。浮気がバレる前の段階が一番大事です。配慮に欠けた男の行動で、女性の警戒モードを上げないようにしましょう。

 

 

配慮に欠けた行動は、後の章に記載してある「具体的な実践法」で説明いたします。

 

第二章:失敗のレベル

 

女性の警戒レベルを上げる失敗あります。失敗にもレベルがあり、一発アウト系、大きな失敗系、軽い失敗系があります。

 

 

一発アウト系とは、バレたら一発で終わる類の失敗です。

 

・即画を見られる

・他女性とのラブラブなLINEを間違えて彼女に送る

・別の女とラブホ入る瞬間を見られる

・ゴムが減っていることがバレる

・別の女性とした性的な経験を彼女に間違えて伝える

・ラブホのレシートを見られる

・他の女性と手を繋いで歩いてる姿を彼女に見られる。

・やり目理由と記載したマッチングアプリのプロフを見られる。

・ツイッターのナンパ師垢がバレる。

・手帳に女と遊んだ履歴が分かる記載がある(例:ひとみ99getなど)

・車のナビの履歴にラブホがある。

・コンドームの端切れが下着にい付いている

・ラブホのクレジットカードの支払い履歴がバレる

 

 

個人の感覚なので、人によっては全然アウトではなく問題ないものもあるかもしれませんが、個人的には一発アウトだと思った内容を書きました。

 

 

次は、警戒、もしくは危険モードに移行される可能性が高い、大きな失敗系です。

 

・二人会計と思われるレシートを見られる

・コンドームを財布に携帯してるのがばれる

・具体的な理由を説明できない朝帰り

・話の整合性がない(例:上司と飲んでると伝えているのに友達と飲んだと言ったり)

・洋服に香水の臭いが付いている

・女を部屋に入れた形跡がバレる

・女の名前を別の名前と間違える

・マッチングアプリ系の通知を女に見られる

・別女性とのライン通知を見られる

・携帯の検索ワードがバレる(ホテル、浮気、ナンパなど)

・写真のフォルダーに不審な写真がある(女とのツーショットなど)

・彼女の友達が自分が他の女と歩いている姿を見つけて、彼女に密告する。

・性病になって彼女に移す

 

 

これがバレると、女性は警戒モード、酷い時は危険モードに入ってしまいます。出来る限り、今回書かれているような失敗は避けるべきです。

 

 

最後は、鋭い彼女や、疑い深い彼女は、警戒モードに上がる可能性がある軽い失敗になります。内容によっては、失敗と呼ぶか悩ましいような内容もあります。

 

 

・音楽や服装の好みが急に変わる

・筋トレや美容などに関心を持ち始める

・出張や仕事の帰りが遅くなる

・携帯を手放さなくなった

・LINEを打っているような素振りが増えた

・彼女とのセックスに興奮しなくなる

・セックスの仕方が変わる(もしくは上手くなる)

 

 

これは人によっては、警戒モードに入る可能性があります。大きな変化を男性がすると、女性によっては変化に気付く人がいます。そこから、浮気を疑う思考に繋がり、結果的に警戒モードに移ってしまいます。

 

第三章:浮気バレ防止対策

 

私が具体的に実践してきたことを共有したいと思います。

 

①証拠は文字に絶対に残さない

②ナンパ関係は全て電子化

③本当の趣味を軸に女遊びをする

④携帯は二段構えのロック法を採用

⑤生活圏内ではナンパしない

⑥彼女の交友関係の人間には顔バレしない

⑦電話、写真が嫌いだとブランディングしておく

 

 

ひとつずつ説明していきます。

 

 

①証拠は文字に絶対に残さない。

 

文字とは、現実の紙に書く文字のことです。紙に書いた時点で他の人が見る事ができます。その紙を金庫に保存などすれば問題ありませんが、通常はそんなことしません。

 

 

特に注意してほしいのは、紙の手帳の取り扱い方法です。

 

 

私は紙の手帳に書く内容は全て暗号表記にしております。

 

例えば、ナンパをする予定なら、バカ正直にナンパ等と書きません。

 

 

NSTと記載しています。NはナンパのN、STはストリートです。自分で当て字を作り手帳に記載しています。

 

 

万が一、彼女にNSTの文字を見られても彼女は意味を理解できません。また、整合性を取るために、NSTの下にCS-〇〇と記載しています。

 

 

彼女に嘘の予定を伝える時は、CS-〇〇の〇〇の部分に嘘の予定を書いています。CSとは、カバーストーリーの意味です。つまり嘘の予定も手帳に記載しています。

 

 

これは、後で予定を振り返った時に話の整合性を保つための方法の一つです。

 

 

手帳に記載する内容は、彼女に見られる可能性がある、と頭に常に入れた状態で記載してください。「のりこGET 99人目」等と書くのがどれほど怖いか理解してください。

 

 

②ナンパ関係は全て電子化

 

 

証拠は文字に残さないが原則のため、ナンパ関係の教材などは全て電子化しています。ロックが掛かったパソコンに保存して、絶対にバレないようにしておきましょう。

 

 

正直にフォルダ名をナンパとかにせず、フォルダ名もNP(ナンパの略称)とかに偽装しておきます。

 

 

③本当の趣味を軸に女遊びをする

 

 

他の女と遊ぶための時間を捻出する必要があります。

 

 

全て嘘の理由で時間を捻出し続けるのは正直難しいです。

 

 

一回や二回の単発であれば有効かもしれませんが、私のように年単位で遊ぶためには、本当の趣味の中の隙間時間に女遊びを入れると有効です。

 

 

理由付けも本当の趣味のため、自然かつ整合性が取れた内容にできます。

 

 

これが、1から100まで嘘で塗り固めた内容だと、いずれ整合性やおかしな点が出てきて、最終的には彼女に疑われると思います。

 

 

まずは本当の趣味という森を作り、浮気はその森の中でひっそりと行う。ぜひ、まずは女遊び以外の素敵な趣味を見つけてください。

 

 

④携帯は二段構えのロック法を採用

 

 

浮気バレで圧倒的な数を占める内容は「携帯を見られる」があります。

 

 

携帯のロックは指紋認証や暗証番号などがあります。私の携帯はiphoneで指紋認証を使っています。

 

 

「寝てる間に彼女に指紋認証でロックを解かれる」と常に考えています。寝てる間に指紋認証を解く状態は、すでに危険モードに入ってる状態のため、本来はそのモードに上げないように気を付けることが定石です。

 

 

私は指紋認証を採用していますが、LINEのロックは暗証番号にしています。

 

 

ロックが解かれて携帯を見られても問題ない状態を常に意識しています。

 

 

⑤生活県内でナンパをしない

 

自分の家の最寄り駅や職場の最寄り駅では、ナンパをしません。特に、彼女の生活県内でのナンパは辞めた方がいいです。

 

 

誰に見られているか分からないため、生活県内でのナンパはオススメできません。

 

 

⑥彼女の友達には顔バレしない

 

彼女の友人たちとは絶対に会わないでください。彼女の友人たちに顔バレするほど、浮気がバレるリスクが増大します。

 

他の女と歩いている姿や、実際にナンパをしている姿など、どこで何を見られるか分かりません。

 

私はリスクを広げないように、彼女の友人がいる場には出来る限り参加しないようにしています。

 

 

⑦電話、写真が嫌いだとブランディングしておく

 

事前に電話や写真が嫌いだと伝えておく方法も有効です。他の女といる時に彼女から電話等が来ると非常に厄介です。

 

電話に出ないことが理由で浮気を疑われるかもしれません。電話というツールは、すぐに「返答」を求めるツールのため、浮気中には非常に厄介なツールになります。

 

私は昔から電話は嫌いだとはっきり彼女に伝えております。キセクやキープたちにも同様に伝えています。理由は「自分の勝手で相手の時間を奪いに来る電話がなんか嫌い。俺が話したいからお前も話して、みたいに感じるから電話来るとイラっとくる」と伝えています。

 

これは嘘ではなく本当に電話が嫌いです。笑

 

これを普段の会話から伝えているため、よっぽど気が聞かない子か、もしくは緊急でない限りは電話をかけてくることはありません。電話するにしても「今から電話してもいいかな」とラインを入れてきます。

 

電話メンテが主な人は相性が悪い戦略かもしれませんが、浮気防止という観点からは有効だと思います。

 

また、写真が嫌いということも事前に伝えておきます。浮気防止の方法として「写真を撮らせる」という手法が存在します。

 

男「飲み会なんだ」

 

女「え~いいね。写真で楽しそうな雰囲気知りたい」

 

と写真を女から要求されてしまうかもしれません。

(逆に女性は写真をおねだりするのが浮気抑制に繋がります)

 

写真提出という証拠提示の義務が発生してしまうため、日頃から写真が好きではない姿勢を取ることが重要です。

 

その為、日頃から写真を撮るタイプの男性だと、浮気バレという観点からは、女から写真要求をされやすく、浮気がバレやすくなると思います。

 

 

第四章:嘘について

 

浮気バレ防止にには嘘が必要不可欠です。

 

嘘の予定を伝える、嘘の相手を伝える、嘘の感想を伝える等、たくさんの嘘を使いこなす必要があります。

 

嘘が下手ですぐバレる人は、浮気もバレやすいイメージがあります。

 

「真実ベースに嘘を少し盛り込む」

 

これが自分が嘘をつく時に意識しているイメージです。

 

純度100%の嘘だと、彼女から詰められた時に厳しくなります。真実90%、嘘10%の構成だと詰められても真実の部分だけを言えば問題ありません。

 

嘘は考えるのは大変ですが、真実の部分を語る時は記憶をさかのぼるだけでいいので簡単です。

 

例えば、アポで出かける時に、二種類の嘘があるとします。

 

「ケース①」

飲みに行く相手A君:嘘

出かける場所:嘘

 

「ケース②」

飲みに行く相手B君:B君は実在するが、実際には女と飲み

出かける場所:本当

 

 

ケース①は人物も出かける場所も嘘をついています。そのため、彼女から詳しく聞かれた時に、全て嘘で説明しないといけません。

 

ケース②は人物も出かける場所も本当のため、彼女から詳しく聞かれた時は、B君の話をすれば問題ありません。

 

可能な限り、嘘ではなく真実をベースに少しだけ嘘を加えるほうがいいと思います。

 

 

第五章:そもそも論として

 

浮気がバレないように必死に策を考え、警戒モードに入らないように神経をすり減らしながら他の女性と遊ぶ。

 

以前の章でもお伝えした通り、警戒モードに入ってしまったら女遊びは自粛してください。緊急事態宣言が発令したのと同様のため、大人しくして警戒モード解除を待ちましょう。

 

そして、警戒モードに移行する早さには個人差があります。

 

そう、浮気を疑いにくい彼女を見つければ楽ということです。浮気を疑いやすい女性は、以前に浮気された経験があったり、性格的にあまり人を信頼しないタイプかもしれません。また、女性自身が浮気をしやすいタイプかもしれません。

 

自分が浮気をしない人間であれば、そもそも浮気という考えが頭に浮かばないからです。彼女の帰りが遅かっただけで、すぐに浮気かも?と疑うのは、自分がそういう事をする可能性があるから不安になります。

 

個人的な意見ですが、浮気がバレにくい女性の特徴は下記です。

①プラス思考で物事を前向きに考える

②ネット系のツールに疎い

③勘のいい女友達や男友達がいない

④連絡無精

 

①プラス思考で物事を前向きに考える

 

プラス思考の女性は物事を前向きに考えるため、男性側の小さなミス(怪しいレシートを発見した)を発見した時も、見逃される可能性が高くなります。

 

また、精神的に安定している人も多く自立している人も多いため、お互い我関せずの関係を構築することが容易です。

 

②ネット系のツールに疎い

 

ネット関係のツールに疎い人も、浮気特定という意味では都合がいいと思います。ネット関係のツールに強ければ、警戒モードに入った時に有効なネット系の追跡ツールを使われる危険性が高くなります。

 

③勘のいい女友達や男友達がいない

 

女性の友人などで勘がいい女性などがいると、彼女にいらない助言を与える危険性が高くなります。彼女の友人に信頼される方法も回避さくとしては、ありますが、顔バレはなるべく避けるべき方針のためそれもできません。

 

また、男友達の存在も脅威です。同性のためかなり的確なアドバイスを彼女にされる危険性が高くなります。

 

④連絡無精

 

日頃から連絡頻度が少ない関係も理想です。定期的に連絡頻度が多い関係を構築していると、返信が遅くなったりするだけで浮気を疑われる危険性があります。その為、連絡無精で連絡頻度が少ない状態でも関係を構築できる彼女が理想だと思います。

 

 

最後に

 

浮気バレ防止の方法をコンテンツ化させました。もちろん浮気等をせず一途に彼女を愛することが一番大切だと思います。浮気がバレない最も有効な方法は「浮気をしない」ことです。

 

 

しかし、人間として弱く誘惑に負けてしまったのが我々です。そこで、雑な浮気がバレて彼女を傷つける機会を減らすためにも、「完全犯罪を遂行」するくらいの気持ちで浮気バレ対策をしてほしいです。

 

 

浮気がバレて傷つくのはあなたのパートナーです。その最悪な結末を減らすためにも今回のコンテンツが少しでも役に立つと嬉しいです。

 

以上、長文の閲覧ありがとうございました。

【note】

ナンパ師の英語学習メソッド(マインド&方法論)【英語学習で学んだ大切なこと】

【オススメ教材】

TAV <— ナンパを始めてからずっと愛用している情報教材

TAV紹介記事 <— 購入前に参考にしてください。

【ツイッター】

らいでん <— フォロー宜しくお願いします。

The following two tabs change content below.

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。
ABOUT ME
raiden
名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。