オススメ記事

【総括記事】全力で駆け抜けた最後の半月「スト師になって1年、感じた事や大切だと思う事を書き殴る。」

継続さえすれば誰でも成功できる。

但し、継続が一番難しいのが現実。

 

 

 

ネットナンパを去年の10月から始めた。

 

 

 

ネットナンパで10即したので12月にスト師になった。

 

 

 

来月でスト師になって1年になる。

 

 

 

時間が過ぎるのは早い。

 

 

 

今月もマイペースに遊んでいた。

 

 

 

11月中旬の段階で2GET。

 

 

 

ふと、ストリート駆け出しの時期を思い出す。

 

 

 

最初は普通に地蔵して落ち込んだ。

 

 

 

自分には才能が無いと落ち込んだ。

 

 

 

ツイッターで見るたくさんの即報は、幻なのかと思った。

 

 

 

 

去年の冬。

 

 

 

仕事を終えて1時間かけて都内に向かった。

 

 

 

理由はもちろんナンパをする為だ。

 

 

 

町に着く。

 

 

 

心臓の鼓動が早くなる。

 

 

 

とにかく声をかけないと。

 

 

 

声が出ない。

 

 

 

町を歩くが身体が重い。

 

 

 

息が苦しくなってくる。

 

 

 

町全体が自分を拒絶しているような気分だった。

 

 

 

自分には才能が無いに違いない。

 

 

 

本気でそう思った。

 

 

 

気分はどんどん落ち込んでくる。

 

 

 

気付いたら終電の時間になっていた。

 

 

 

アホみたいだな、自分。

 

 

 

電車賃と時間かけて都内まで来て、何やってんだろう。

 

 

 

ナンパなんか俺には向いてないのかも。

 

 

 

帰りの駅のホームで泣きそうになった。

 

 

 

すると、帰りの電車が遅れている、とアナウンスが流れた。

 

 

 

神様は、俺にもう少しの時間をくれた。

 

 

 

今が踏ん張りどころだ。

 

 

 

ここで逃げると永遠にストリートに立てなくなる気がした。

 

 

 

あたりを見渡すとベンチに女性が座っていた。

 

 

 

女性の隣に座る。

 

 

 

声を出そうとするが出ない。

 

 

 

逃げたくなったが頑張って踏ん張る。

 

 

 

「電車遅れてますね。」

 

 

 

 

ありきたりな声掛けだった。

 

 

 

恐らく足は震えていたと思う。

 

 

 

無事オープンして軽く雑談する。

 

 

 

最後に番号を打診して番ゲした。

 

 

 

今だったら「ただの番ゲ」だが、当時は「立派な成果」だった。

 

 

 

気持ちが高ぶってくる。

 

 

 

ナンパはやはり凄いと再認識する。

 

 

 

もっとナンパしたかったが終電が来てしまう。

 

 

 

仕方なく電車に乗る。

 

 

 

そこで大胆な行動に出る。

 

 

 

電車で隣に座った女性に声をかけた。

 

 

 

1時間その子と話した。

 

 

 

最終的にその子から番ゲした。

 

 

 

なんと、その子がスト師になって初めてゲットした子になった。

 

 

 

ナンパは何が起こるか分からない。

 

 

 

自分のマインドは、この経験から始まっている。

 

 

 

ストリートを始めて3か月後に即を経験した。

 

 

 

初めての即は格別だった。

 

 

 

その子が別れ際に「声をかけてくれてありがとう」と言ってくれた。

 

 

 

ナンパを始めて本当に良かったと思える瞬間だった。

 

 

 

あの時駅のホームで踏ん張れたから今がある。

 

 

 

そこからは地道に努力した。

 

 

 

駆け出しの時期に合流した同期達も努力していた。

 

 

 

消えていく同期達がいる一方で、凄腕になった同期もいる。

 

 

 

昔の仲間がツイッターを更新しなくなるのは、ふと寂しいけど。

 

 

 

人は変わっていくものだ。

 

 

 

夏のお盆休みに集中してナンパをやろうと決意。

 

 

 

都内4日間ノックで4人の女性と体を重ねる。

 

 

 

3連続出撃即も達成できた。

 

 

 

自分が少しずつ成長していることを実感した。

 

 

 

そこからマイペースに遊びながらナンパをした。

 

 

 

11月中旬になった。

 

 

 

来月でスト師になって1年か。

 

 

 

よし、今から月間10GETを目指してみよう。

 

 

 

凄腕からしたら、たかが「10GET」かもしれない。

 

 

 

自分には「偉業」だ。

 

 

 

肩書きや記録にはあまり興味は無いが、10GETが自分の自信に繋がると思った。

 

 

 

11月中旬から集中してナンパを始めた。

 

 

 

夏休みの時のように。

 

 

 

結果を纏めて下記に記載する。

 

 

 

11/18 犬/乱※4P(くるくる)達成 2即

 

 

11/22 ローカル/番ゲした子を準即。直ホ10分でゲット。

 

 

11/23 獅子/ソロで即。声掛け開始30分で連れだしてゲット。

 

 

11/24 獅子/正3(3P)で即。何回も諦めそうになった日。

 

 

11/25 パンダ/完ソロで即。1声掛け目で連れだして30分後にはゲット。

 

 

11/26 レズビアンのスト高に完敗。3連れするが坊主。

 

 

11/27 ローカル/仲間と正3即。1声掛け目でゲット。

 

 

11/28 パンダ/完ソロで即。3連れ目を終電間際に直カラ40分でゲット。

 

 

 

 

後半8GETで合計10GETを達成した。

 

 

 

ネトやクラブを使わずにストリートのみで10GETを達成できた。

 

 

 

10GETの内訳は、9即、1準即だった。

 

 

 

10日間で7人の女性と身体を重ねていた。

 

 

 

また自分の常識がひとつ壊れたみたいだ。

 

 

 

女遊びの経験がなかった自分。

 

 

 

だから必死にナンパブログを読み漁った。

 

 

 

恋愛教材も買って全て試してみた。

 

 

 

通勤途中はナンパの実録音声をずっと聞いていた。

 

 

 

人並みに努力をしてきたつもりだ。

 

 

 

地道に続けると努力が当たり前になる。

 

 

 

努力が最後は日常になる。

 

 

 

ナンパも日常になってきた。

 

 

 

それは継続できたからだと思う。

 

 

 

継続さえすれば誰でも成功できる。

 

 

 

但し、継続が一番難しいのが現実。

 

 

 

何故、継続できたのか?

 

 

 

それは成功できる自信があるから。

 

 

 

自分自身を信じられるから。

 

 

 

自分を好きになって信じられる経験を積んで来たから。

 

 

 

自信はどうやって身につければ良いのか?

 

 

 

小さな成功体験を積み重ねれば良い。

 

 

 

町に出ただけでも良い。

 

 

 

声をかけようと意識するだけでも良い。

 

 

 

女性の横を歩くだけでも良い。

 

 

 

道を聞いてみるだけでも良い。

 

 

 

そこから少し雑談するだけでも良い。

 

 

 

勇気を出して番号を聞くだけでも良い。

 

 

 

震える声でお茶に誘うだけでも良い。

 

 

 

カフェで楽しく雑談するだけでも良い。

 

 

 

心臓バクバクで手を繋いでみるだけでも良い。

 

 

 

早口で挙動不審になりながらホテル街に向かうだけでも良い。

 

 

 

ホテル前でグダる女の子を少し頑張って説得するだけでも良い。

 

 

 

これらは全て成功体験だと思う。

 

 

 

即が成功ではない。

 

 

 

出来なかったステップを乗り越えることが成功だ。

 

 

 

その成功が自分の自信を作っていく。

 

 

 

そして、その自信があるから人は頑張れる。

 

 

 

金、女、仕事、全てを失くしても自信さえあれば何度でも人は挑戦できる。

 

 

 

少なくともナンパで「女をいつでも手に入る自信」を身につければ、女性には挑戦できる。

 

 

 

ナンパで培った自信は、必ず別の分野でも役に立つ。

 

 

 

自信という財産は人生で必ず役に立つ。

 

 

 

そして、ナンパの答えは無料でネット上に転がっている。

 

 

 

答えは既にみんな持っている。

 

 

 

それを素直に行動するだけ。

 

 

 

行動を継続する為に自信というガソリンが必要なだけ。

 

 

 

もし、ストリート駆け出しの自分に何か言葉を伝えるなら、ひとつ。
「とにかく動け。絶対に止まるな。」

 

 

 

最初は、何も持っていない。

 

 

 

スキルも無ければ、仲間もいない。

 

 

 

だから絶対に止まってはいけない。

 

 

 

一度止まったら、ストリートに二度と戻って来れない。

 

 

 

動くという意味は、出撃すること、常に情報を発信することを意味する。

 

 

 

ツイートは毎日しよう。

 

 

 

思ったことでも、感じたことでも、何でも良い。

 

 

 

フォロワーがゼロでも発信しよう。

 

 

 

誰も見ていないと思うが、誰かが見ている。

 

 

 

ツイートする内容が無い?

 

 

 

それは考えていないだけ。

 

 

 

発信することに慣れよう。

 

 

 

ツイートはあなたの財産になる。

 

 

 

合流申請する時に必ず役に立つ。

 

 

 

フォロワーもいない。ツイートも少ない。

 

 

 

そんな初心者と合流したいと俺は思わない。

 

 

 

ガムシャラに頑張っているツイートをしている人を応援したい。

 

 

 

だからツイートは必ず習慣にする。

 

 

 

そして、ブログを書いてほしい。

 

 

 

ブログに人柄が出る。

 

 

 

それも自分の財産になる。

 

 

 

素晴らしいブログを書いている人には合流申請を送った。

 

 

 

予想通り素晴らしい人達だった。

 

 

 

今では、共に頑張る大事な友人になっている。

 

 

 

初心者でもブログに興味を持ってもらえれば、先輩ナンパ師から合流申請が来る。

 

 

 

ブログは書いて損はしない。

 

 

 

結果が出るまでは町に出続ける。

 

 

 

ゼロをイチにするのは本当に大変だと思う。

 

 

 

自分も即に3ヵ月かかっている。

 

 

 

即の成功体験が無い時は不安だった。

 

 

 

ゼロをイチにすれば、かなり楽になる。

 

 

 

楽する為に、走り続けたほうが良い。

 

 

 

自分も即を経験した後は、精神的に大分楽になったから。

 

 

 

立ち止まらずに即まで駆け抜けて欲しい。

 

 

 

自分も今月の後半から全力で駆け抜けた。

 

 

 

全力でナンパしたから気づけた事もある。

 

 

 

大事な事だから書いておきたい。

 

 

 

2即目を狙える時が何回かあった。

 

 

 

でも、自分は狙おうと思わなかった。

 

 

 

せっかく出会えた子をもっと知りたい。

 

 

 

パンダで即した女の子とは、即後にファミレスで1時間以上も話していた。

 

 

 

本来は、2即目を狙うべきだと分かっている。

 

 

 

でも、もう2度と会えないかもしれない女性との時間を大切にしたいと思った。

 

 

 

数追いは否定しない。

 

 

 

ほとんどのナンパ師が数すら追えないのが現実。

 

 

 

でも自分は、経験人数よりも、出会った女の子との楽しい思い出を大切にしたい。

 

 

 

仮に100GETしても、何も思い出が無かったらただの悲劇だ。

 

 

 

もっと自分を成長させたい。

 

 

 

目の前の女性との会話や、その子の感性や価値観から学ぶことで人は成長する。

 

 

 

セックスの数では、人は成長しない気がする。

 

 

 

数を追っていて、ふとそんなことを思った。

 

 

 

最後に、ナンパは旅に似ている。

 

 

 

ナンパした女の子といる時は、旅をしている。

 

 

 

旅は楽しい。

 

 

 

でも、いつかは終わってしまう。

 

 

 

それは突然終わってしまうかもしれない。

 

 

 

だからこそ一緒にいる時間を大切にしたい。

 

 

 

そして、旅が終わる時「一緒に旅をしてくれてありがとう。また会う日まで」と笑顔で言いたい。

 

 

 

人生も旅だ。

 

 

 

人と出会い。

 

 

 

そして別れが来る。

 

 

 

永遠なんて存在しないのに。

 

 

 

永遠だと錯覚してしまう。

 

 

 

家族や、友人、恋人との時間が永遠だと感じてしまう。

 

 

 

いつかその時間に終わりが来る。

 

 

 

涙を流しながら「さよなら」と言う場面が必ず来る。

 

 

 

ナンパをしていると、それを強く感じる時がある。

 

 

 

だからこそ、出会いに感謝して進んでいきたい。

 

 

 

永遠ではない時間を大切にしたい。

 

 

 

人生で一番後悔することを最後伝えておく。

 

 

 

「感謝を言いそびれること。」

 

 

 

自分の人生で学んだことだ。

 

 

 

旅はいつか必ず終わる。

 

 

 

 

それを心に留めておきたい。

 

 

 

色々辛い経験もした。

 

 

 

でも、

 

 

 

1年経ってもまだ綺麗事を言える根性は残っているみたいだ。

 

 

 

軸はまったくぶれていない。

 

 

 

スト師になって1年。

 

 

 

色々ありましたが、楽しかったです。

 

 

 

長文の閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

以上。

 

The following two tabs change content below.
raiden

raiden

名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。
ABOUT ME
raiden
raiden
名前:雷電 (ライデン) 職業:サラリーマンナンパ師。20代後半で女遊びに目覚めたサラリーマン。女遊びを知らなった男が現在は、月10人以上の新規女性と一夜を共にする男に変貌した。ブログにナンパのノウハウや体験記を書き続けている。最近は10年の経験で学んだ英語ノウハウも発信中。有益な情報とナンパの現実をお届けできればと思います。